Beings – from the Museum Collection(存在・美術館のコレクションより)

Girl in Yellow, 1995, watercolor on paper, 48 x 36 cm © Leiko Ikemura and VG Bild-Kunst Bonn, 2021.

人間の姿は太古の昔から絵画の中心的な題材のひとつです。このことは北欧水彩画美術館のコレクションにも反映されており、多くのアーティストが人体と人体が持つ魅力的なかたちからモチーフを描き出しています。肖像画は単に描き写しただけのようにも見えますが、目に見える表層とは全く違う何かを見せてくれるものでもあります。アートは観る者をエキサイティングな旅へ、感情・印象・記憶・経験が蓄積されて処理され、私たちの人生をたえず形づくる人間の心の奥深くへと連れて行ってくれるのです。

出展作家:Cecilia Edefalk, イケムラレイコ, Michael Kvium, Peter Land, Olli Lyytikäinen, Elina Merenmies, Maria Nordin, Martha Ossowska Persson, Adam Saks, Mari Sunna, Astrid Svangren, Gunnel Wåhlstrand

出典:北欧水彩画美術館

 

Nordiska Akvarellmuseet(北欧水彩画美術館)
Södra Hamnen 6
471 32 Skärhamn
Sweden

+46 (0)304 60 00 80 
www.akvarellmuseet.org/en