真鶴町・石の彫刻祭 Festival MANAZURU - 本小松石 - SCULPTED STONES

© art manazuru, 2019.

第1期:2019/9/20(金)〜2019/11/30(土)
第2期:石の彫刻祭・展示期間 2020年7・8月(予定)

公開制作場所:番場浦駐車場
ワークショップ「Love Stone Project」:ケープ真鶴
トークイベント:ケープ真鶴

参加アーティスト:冨長敦也、北川太郎、河口龍夫、絹谷幸太、長谷川さち、ホセイン・ゴルバ、大竹利絵子、イケムラレイコ、多和圭三、廣瀬智央

 

トークイベントにイケムラレイコが出演します
2019年10月13日(日)午後2時〜3時30分

司会:水沢勉(神奈川県立近代美術館館長)
会場:ケープ真鶴(神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175)
参加アーティスト:イケムラレイコ、河口龍夫

 

神奈川県南西部、小田原と湯河原・熱海の間に位置する真鶴町は、東京駅からJRで100分前後とアクセスも良く、海や山と半島に森などの自然が豊かに残る町です。加えて、「源頼朝伝説」といった伝承・伝説や、「三ツ石」といった神秘的なパワーを秘めた聖地を擁する知る人ぞ知る美しい町です。

本彫刻祭では、著名作家から新進気鋭の若手作家まで、いま注目のアーティストたちが、真鶴町の銘石「小松石」を素材とした石彫アート作品の展示を行います。

開催期間中には、真鶴半島で各作家の野外制作や町内でのトークショー、ワークショップをはじめ各種イベントの開催を予定しています。歴史と伝統がつまった「小松石」を各アーティストがどのように彫り進めていくのか、その制作工程も注目ポイントです。

2019年は、アーティストによる滞在制作がメインコンテンツ

2019年秋の期間中は主に「アーティストによる制作期間」となります。この制作の様子を部分的に公開すると共に、アーティストによるトークイベント、ワークショップなどを実施していきます。また、数名のアーティストについては、期間中に作品の設置と公開を予定しています。以下の3つのイベントを行います; 

1、公開制作場所は、番場浦駐車場になります。制作を行う6名のアーティストの石材が、番場浦駐車場に運び込まれています。こちらの石がどのように変化していくか、注目です。

2、彫刻家・冨長敦也さんによる「Love Stone Project」が、9月28日(土)〜スタートします。ケープ真鶴横スペースで開催!参加無料、みんなで石を磨き、作品をつくりあげていくプロジェクトです。スケジュールおよび場所については、こちらのアーティストページをご覧ください。

3、参加アーティストによるトークイベントを開催します。10月6日(日)、10月13日(日)、10月26日(土)の開催を予定しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

2020年は、完成した作品の特別展示期間

2019年度中に制作・設置を完了させた上で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ実際に設置作品を中心とする作品公開イベントを開催します。この時点で、すべての作品を総覧することができます。また、本イベント開催中は、特別イベントも開催予定です。

 

出典: https://art-manazuru.jp/

 

真鶴町政策課戦略推進係
259-0202
神奈川県足柄下郡真鶴町岩244番地の1
Tel:0465-68-1131
Fax. +81 465-68-5119

sei_senryakusuishin@town.manazuru.kanagawa.jp