KölnSkulptur #10. ÜberNatur – Natural Takeover(第10回ケルンの彫刻 - 超自然・自然にのっとられる)

Katzenmädchen mit Rheinblick, 2008, bronze and concrete, Stoffel Collection, Cologne © Leiko Ikemura. / Photo: Martinevans123, August 17, 2012, published under the rights of Creative Commons (CC) on wikipedia.
© Stiftung Skulpturenpark Köln, KölnSkulptur #10, 2020.

ケルン彫刻公園は展覧会用の特別な公園であり、ミヒャエル・シュトッフェルとエレノーレ・シュトッフェルが蒐集したコレクションに加え、過去の「ケルンの彫刻」出展品からの借用品が展示されます。毎回替わるキュレーターによって二年ごとに新しい展示作品を取り入れていますが、その大半は本園展覧会のために特別に制作されたものです。ケルン彫刻公園は常設展と期間限定展示からなる興味深いハイブリッドと言えるでしょう。

「ケルンの彫刻」は今回で第10回目を迎え、テーマを「超自然・自然にのっとられる」としています。今回の出展作品は、公共の公園である本園がライン川、ケルン動物園、植物園に囲まれた立地であるということをヒントに、自然というテーマに取り組み、そういった環境に呼応するようにと制作依頼されたものです。

出展作家:Mary Bauermeister - John Bock - Tom Burr - James Lee Byars - Nina Canell - Leelee Chan - Edith Dekyndt - Bogomir Ecker - Ayşe Erkmen - Peter Fischli / David Weiss - Barry Flanagan - Sou Fujimoto(藤本壮介) - Dan Graham - Lena Henke - Jenny Holzer - Bethan Huws - イケムラレイコ - Anish Kapoor - Stefan Kern - Hubert Kiecol - Per Kirkeby - Klara Lidén - Dane Mitchell - Katja Novitskova - Jorge Pardo - Mandla Reuter - Ulrich Rückriem - Michael Sailstorfer - Karin Sander - Thomas Schütte - Joel Shapiro - Andreas Slominski - Mauro Staccioli - Mark di Suvero - Rosemarie Trockel - Simon Ungers - Bernar Venet - Bernard Voïta - Paul Wallach - Lois Weinberger - Martin Willing - Guan Xiao - Trevor Yeung - Heimo Zobernig

第10回ケルンの彫刻 キュレーター:トビアス・ベルガー

第10回ケルンの彫刻 協力:ミヒャエル/エレノーレ・シュトッフェル助成財団、ケルン市

出典:KölnSkuptur #10

 

入場無料、毎日開園
4月~9月:午前10時30分~午後7時
10月~3月:午前10時30分~午後5時

Skulpturenpark Köln(ケルン彫刻公園)
Riehler Straße (main entrance)
50668 Köln
Germany