Malerei(ペインティング)

Ohne Titel, 1980s, pastel on paper, 91,5 x 50 cm © Leiko Ikemura and VG Bild-Kunst Bonn, 2021.

スタジオ・ダルテ・カンナヴィエッロは新しいアートイヤーを迎えるにあたり、ドイツ語圏出身のアーティストによる絵画に焦点を当てたグループ展を開催します。当展「Malerei」には様々な個性を持つアーティストが集められていますが、みな言語と絵画メディアという2つの要素で結ばれています。彼らドイツ語圏のアーティストのほとんどはこれまで当ギャラリーと密接にかかわり数々の個展を開催してきましたが、今回が初の展示となるアーティストもいます。

展示されるドイツ、オーストリア、スイスのアーティストたちの作品は、1980年代から2000年代にかけての「ノイエ・ヴィルデ」から「ウィーン・アクショニズム」まで、多様なムーブメントや時代に属するものです。一般公開されることがきわめて少ない作品もあり、それらを発見するまたとない機会となるでしょう。

展示アーティスト:Hans Peter Adamski, Hermann Albert, Peter Angermann, Siegfried Anzinger, Günter Brus, Michael Buthe, Peter Chevalier, Walter Dahn, Martin Disler, Jiří Dokoupil, Rainer Fetting, Till Freiwald, Friedmann Hahn, Karl Horst Hödicke, イケムラレイコ, Jörg Immendorff, Bernd Köberling, Markus Lüpertz, Urs Lüthi, Helmut Middendorf, Jan Muche, Hermann Nitsch, AR Penck, A. Stalder, Josef Strau, Miriam Vlaming, Maja Vukoje, Rolf Winnewisser, Bernd Zimmer

出典:Studio d'arte Cannaviello

インスタグラム

 

Studio d'arte Cannaviello(スタジオ・ダルテ・カンナヴィエッロ)
Piazzetta Maurilio Bossi, 4-20121 Milan
www.cannaviello.net/Contatti