Was bleibt? – 20 Jahre Sammlung St. Matthäus(何が残っているか? – 聖マテウス教会収蔵品 20周年記念)

Scream!, 2016, glazed terracotta, 87 x 34 x 33 cm © Leiko Ikemura and VG Bild-Kunst Bonn, 2020. / Photo: Jörg von Bruchhhausen.

第50回小陳列室展示

オープニング:2020年2月11日、午後1時
開会式辞:司教・Christian Stäblein博士
ガイダンス:引退牧師・Christhard-Georg Neubert(聖マテウス財団初代財団長)

招待状リンク:聖マテウス教会収蔵品 20周年

 

聖マテウス財団が設立されて以来、芸術品コレクションは増加を続けてきました。その数はいまや150を優に超えています。そのほとんどは財団へと寄贈されたものですが、外部資金により購入したものもあります。これらの収蔵品にはMicha Ullman、Arnulf Rainer、Michael Triegel、イケムラレイコ、Jorinde Voigt、Jürgen Partenheimer、Hermann Nitsch、Achim Freyer、Christa Dichgans、Sibylle Wagner、Gisela Breitling、Ernst Barlach、Vadim Sidurといったアーティストの作品が含まれます。当財団では20周年を記念し、第50回小陳列室展示にて収蔵品から選りすぐった作品を展示いたします。

司教フロアでの特別展示:
Jorinde Voigt、Lutz Friedel、Sue Hayward、Winfried Muthesius、Lucia Falconi、Robert Weber、Klaus Kehrwald、Karl-Ludwig Lange、Hans-Hendrik Grimmling、Horst Hirsig、Moritz Götze、Sven Drühl、John Young、Christina Doll、Arnulf Rainer、イケムラレイコ

出典: 聖マテウス財団

 

Evangelisches Zentrum Berlin(ベルリンプロテスタント教会センター)
Georgenkirchstraße 69
10249 Berlin
Haus 2, 4. Etage 

開館時間:月〜金 9時〜17時